ブログ|熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください!

新着情報

一般社団法人の設立

2016年01月28日(木)

先日、一般社団法人の設立の依頼があり、定款の認証を行いました。

事業目的は収益事業が主ですが、業界の有志が集まって、自分達でできることの延長線での社会的な活動という位置づけの事業を行うそうです。

一般社団法人は、平成20年12月から、公益法人制度改革に伴い、設立することができるようになった団体(法人)です。「非営利」の団体というイメージがありますが、社員(団体の構成員)に対する剰余金の分配を行わない(株式会社でいう配当にあたるものを行わない)ということですので、収益事業を行い、利益を得ることや、役員報酬・従業員給与を支払うことは全く問題ありません。また、団体と言っても、その社員は設立時に2名以上いればよいので、設立後は1名まで減っても存続可能です。小規模な団体であっても、一般社団法人として法人化することができます。

お客様の一般社団法人として活動が順調に拡大し、社会への貢献につながるよう期待しています。

PAGE TOP
COPYRIGHT © 熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください! ALL RIGHTS RESERVED.