ブログ|熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください!

新着情報

定款の事業目的

2016年08月05日(金)

先日、会社設立の定款認証のため公証役場へ行ってきました。

今回のお客様は、以前勤務していた会社の上司から紹介されてきたお客様でした。

定款作成の打合せの際に、事業目的については、すぐにやる事業の他に、将来やるかもしれない事業を入れておくといいですよ。特に許可が必要な事業については前もって入れておくと、定款の変更登記の費用なども削減できるので入れておくといいですよとアドバイスしました。

お客様は、よく検討して事業目的が決まったらメールしますということになり、後日そのメールが届いたので内容を見てみたら、ずいぶんたくさんの事業目的が盛り込まれていました。小さな会社の割には、事業目的だけはリクルート並みの内容でびっくりしました。会社を大きくしたいという意気込みはものすごく感じられましたけどね。

個人的には、事業目的を多く盛り込んでおくのは構いませんが、主となる事業に関連するような事業で将来行うかもしれない事業を入れておくのがいいかと思います。主となる事業とあまりにもかけ離れた事業を盛り込み過ぎると、登記事項証明書を見た取引先や金融機関などから、この会社は何屋さんなのだろうか?あやしいのではないだろうか?と思われてしまう可能性もあります。

今回のお客様は、一つの会社の中で全く違う方向性の事業部を作る予定なので、事業目的をたくさん盛り込んでおいて問題はないと思います。

PAGE TOP
COPYRIGHT © 熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください! ALL RIGHTS RESERVED.