ブログ|熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください!

新着情報

産業廃棄物収集運搬業の経理的要件

2017年06月07日(水)

先月ですが、無事に産業廃棄物収集運搬業許可の通知をいただきました。
思っていたより少し早目の連絡だったので、お客様は喜んでくれました。

申請を通して感じることは、産業廃棄物収集運搬業の許可を取るにはしっかりした経理的条件が求められているなということです。3年分の決算書のコピーを提出して、確認をされます。

直前期の純資産がプラスであれば特に問題はないのですが、直前期の経常利益がマイナスだったりした場合には、5年間の財務実績・計画書を作成したり、中小企業診断士又は公認会計士による財務診断書の提出を求められます。

なぜ、ここまで経理状況を念入りに確認するのか?
それは、ゴミの処理にはお金がかかるからです。お金のない会社が産廃処理業をやるとどうなるか。お金をかけたくない業者は人がいないような山奥にゴミを捨ててしまえ!という感じで不法投棄が増えると考えられているからです。

経済活動が活発になれば、必ず出ることになる産業廃棄物。適正な処理をすることが大事なようです。

最近では、空き家も増えて、家屋の解体なども増えているようです。新しい家を建て替える場合での解体など増えることと思われます。解体業と産業廃棄物収集運搬業はセットで忙しくなるのではないでしょうか。

PAGE TOP
COPYRIGHT © 熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください! ALL RIGHTS RESERVED.