ブログ|熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください!

新着情報

組み合わせで新しい商品・サービスを生み出す時代

2017年06月26日(月)

最近、許可申請の依頼を振り返ってみて思うことがあります。

本業を営むにあたって絶対に必要な許可申請をするという相談はほとんどありません。新しくできたばかりの事業者ならともかく、もう何十年も続いている事業者はもうすでに許可を取っています。 私のところにくるような依頼は、新分野参入で「儲けの柱を増やしたい」というパターンです。

既存の事業+新しい許可→新しい商品・サービス

こういうパターンの相談が多いことに気付きました。

・ハウスクリーニング+産廃収集運搬業許可+古物商許可→遺品整理サービス
・アパレル+古物商許可→リサイクルファッション、ブランドバッグ・アクセサリーのレンタル
・楽器店+古物商許可→楽器レンタル
・中古車販売業+レンタカー許可→主に福祉車両のレンタカー事業
・新聞販売店+一般酒類小売業免許→高齢者向けの御用聞き酒販売
・花屋+一般酒類小売業免許→父の日や誕生日などの新しいギフト商品販売
・建設業(リフォーム)+産業廃棄物収集運搬業許可→不用品処分業
・農業+食品営業許可→農園レストラン

行政書士は新しい「儲け」のための許可申請を応援する存在なのだなと感じています。

PAGE TOP
COPYRIGHT © 熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください! ALL RIGHTS RESERVED.