ブログ|熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください!

いいじまブログ

産業廃棄物収集運搬業の経理的要件

2017年06月07日(水)

先月ですが、無事に産業廃棄物収集運搬業許可の通知をいただきました。
思っていたより少し早目の連絡だったので、お客様は喜んでくれました。

申請を通して感じることは、産業廃棄物収集運搬業の許可を取るにはしっかりした経理的条件が求められているなということです。3年分の決算書のコピーを提出して、確認をされます。

直前期の純資産がプラスであれば特に問題はないのですが、直前期の経常利益がマイナスだったりした場合には、5年間の財務実績・計画書を作成したり、中小企業診断士又は公認会計士による財務診断書の提出を求められます。

なぜ、ここまで経理状況を念入りに確認するのか?
それは、ゴミの処理にはお金がかかるからです。お金のない会社が産廃処理業をやるとどうなるか。お金をかけたくない業者は人がいないような山奥にゴミを捨ててしまえ!という感じで不法投棄が増えると考えられているからです。

経済活動が活発になれば、必ず出ることになる産業廃棄物。適正な処理をすることが大事なようです。

最近では、空き家も増えて、家屋の解体なども増えているようです。新しい家を建て替える場合での解体など増えることと思われます。解体業と産業廃棄物収集運搬業はセットで忙しくなるのではないでしょうか。

建設業の事業年度終了報告書が先か更新申請が先か?

2017年05月26日(金)

原則、建設業許可では事業年度終了報告書が毎年分でていないと、次回の許可の更新申請ができません。

私のお客様で、許可年月日の都合で、事業年度終了報告書の提出期限より先に、更新申請の期限が先に来てしまうということになりました。

・事業年度終了報告書を先に出して、その後更新申請をしたほうがいいのか?

・更新申請を先にやって、後で事業年度終了報告書を通常の期限通り提出でいいのか?

若干悩みましたので、県庁へ電話で確認しました。

担当者からは、後者でいいですよとのこと。いやぁ、確認して良かった。時間に余裕ができて助かりました。

わからないときは、県庁に聞いてしまう。これが一番です。

業務委託契約書の作成

2017年05月19日(金)

先日、知人の会社から業務委託契約書の作成を依頼されました。

デザインの仕事なのですが、今まではアルバイトという言い方で、仕事が発生したときだけデザインの仕事をお願いするという形だったそうです。アルバイトというほど定期的に仕事があるわけではなく、雇用するというわけにもいかないので、仕事が発生した時だけ業務委託ということで仕事を外注している形にしたいということでした。

発注、仕様の提示、業務の遂行、納品、検査、料金の支払い、瑕疵があった場合の対応など基本的な部分は当然のこと、その仕事ならではの想定されるリスクも押えました。

小さな会社だって、しっかりとした契約書を作ってパートナーと一緒に働くことは大事なことだと思います。

リフォーム業者の建設業許可

2017年05月10日(水)

リフォーム業者さんからのお問い合わせでした。

そもそも請負金額が500万円以下なら許可不要です。ただ、元請業者から許可があったほうがいいよねと言われたそうです。

許可を取るならどの業種がいいの?という質問がありました。

建築一式は取れますか?と聞かれましたが、建築一式は総合的な企画・調整の業種なので、専門的な仕事の場合では取れません。

よく話を聞くと、内装工事がメインであるものの、管工事や電気工事もする場合があるとのこと。こういった場合、内装仕上工事で許可をとり、管工事や電気工事は附帯する工事ということで、内装仕上工事の許可のみで工事しても大丈夫です。

工事の実態を振り返って許可申請する業種をよく検討してください。

どの業種の工事に当てはまるのか不明なときは、ぜひご相談ください。

レンタル契約書の作成

2017年04月27日(木)

先日、知人の花屋さんからレンタル契約書の作成を依頼されました。

花や鉢植えのレンタルをするとのことです。初めてのお客様らしいのですが、都内に結構な規模でレンタルするということで、契約書を準備してから交渉に臨みたいとのことでした。

レンタル契約や賃貸借契約は業界が違えば何が重要なのか、どんなリスクがあるのか様々です。

花のレンタルの方法やどんなリスクが想定できるか、トラブルがあったときはどう対応するのがベターなのか、依頼者から話を聞いたり、自分でも調べたりしてみました。

とりあえずたたき台を作り、詳細な交渉は依頼者自身が行い、細かい修正があればまた私の方で対応するということになっています。

やはり、交渉の場では契約書ぐらい準備しないと、相手方から信頼されません。契約書を準備することが誠意を示す第一歩なのかと思います。

1 / 1112345...10...最後 »
PAGE TOP
COPYRIGHT © 熊谷市、深谷市、行田市で合同会社の設立や株式会社設立するなら行政書士飯島行政書士事務所にお任せください! ALL RIGHTS RESERVED.